医療・福祉現場でのアロマテラピー

アロマセラピー発祥の地であるヨーロッパ。(フランスやベルギー)
ここでは代替・補完医療としてのアロマセラピーの活用が活発です。

一方、アロマセラピー後進国である日本ではリラクゼーション分野から広まったため、医療現場への浸透はイマイチでした。
しかし近年では、アロマテラピーが西洋医学による治療効果を高めるだけでなく、患者様やそのご家族の満足度向上や新規開拓にも有効であることが広く認知されるようになりました。

本日は、介護・訪問介護でのアロマセラピー導入事例をご紹介致します。


タイトルとURLをコピーしました